読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宗教改革史(メモ)

【1415】 ボヘミア出身の宗教思想家、宗教改革者フス、コンスタンツ公会議で異端とされ、火刑
1483】 ルター、アイスレーベン(ドイツ東部)に生まれる(~1546)
1484】 ツウィングリ、ウィルトハウス(スイス)に生まれる(~1531)
1509】 カルバン、ノアイヨン(フランス)に生まれる(~1564)
1512】 ルター、聖書学の講義を開始
1516】 エラスムス『校訂新約聖書』(マルティン・ルターのドイツ語訳聖書の原版)を刊行
1517】 ルター『九十五か条の論題』を発表
1519】 ツウィングリ、チューリヒで改革開始。ルター、ライプツィヒでエックと討論会(ライプツィヒ討論)
1520】 ルター『ドイツ国民のキリスト教貴族に与う』を刊行、教皇の破門脅迫状を焼く→ルターが初めてドイツ人としての国民意識に立ち,ローマ教皇勢力による厳しい財政的収奪,聖職売買,それ以外の国民生活を圧迫し正当な信仰をそこなうあらゆる悪弊を列挙し,教会当局者が無能を暴露した現在,統治権力を神に委任された貴族(実際には領邦君主たるドイツ諸侯)に,教会生活全般の改革を支援するよう呼びかけた。
1521】 ルター、ウォルムス国会で帝国追放処分刑(ウォルムス勅令)、『新約聖書』のドイツ語翻訳(ルター訳聖書)。メランヒトン『神学綱要』を刊行
1522】 ジッキンゲンら「騎士戦争」を起こす
1523】 ツウィングリ『六十七か条の論題』を第一回チューリヒ討論会に提出
1524】 ドイツ農民戦争始まる(~1525)。エラスムス『自由意志論』を刊行
1525】 ルター『農民の殺人・強盗団に抗して』刊行。ルター『奴隷意志論』により、エラスムスとの自由意志論争を起こす。ミュンツァー処刑される
1526】 第一回シュパイエル国会、ウォルムス勅令の実施を延期する
1527】 ザクセン選帝侯領内で巡察教会制度開始される。スウェーデン宗教改革実施
1528】 ベルン市、宗教改革を導入
1529】 第二回シュパイエル国会、ウォルムス勅令の実施を求む。ルターとツウィングリ、聖餐(聖体)論をめぐってマールブルク宗教会談。イギリスで宗教改革議会(~1536)始まる
1530】 アウクスブルク国会での新・旧教の和解失敗。「アウクスブルク信仰告白」、ルター派の基本信条となる
1531】 シュマルカルデン同盟創設される。ツウィングリ、カッペルの戦いで戦死
1534】 フランスで新教徒の弾圧が激化し、カルバン、スイスのバーゼルへ亡命。イギリス、「国王至上法」制定
1536】 カルバン『キリスト教綱要』(初版)を刊行、ジュネーブの改革運動に参加。イギリスのヘンリー8世、修道院の解散を実施。ルター派およびツウィングリ派間に『ウィッテンベルク一致信条』、ルター主義が南ドイツに浸透。デンマーク宗教改革の実施にとりかかる
1538】 カルバン、教会規律をめぐり都市当局と闘い、ジュネーブを追放される
1539】 ニュルンベルクカトリック諸侯の同盟成立(ニュルンベルク同盟)
1540】 イエズス会認可される(イグナティウス・デ・ロヨラ
1541】 カルバン、ふたたびジュネーブで活躍
1545】 トレント公会議始まる(~1563)(反宗教改革
1546】 シュマルカルデン戦争(カトリック教会側:神聖ローマ皇帝カール5世vsプロテスタント側(シュマルカルデン同盟))始まる(~1547)
1548】 アウクスブルクの「仮信条協定」、帝国法として発布→神聖ローマ皇帝カール5世がプロテスタント勢力との妥協を図る。
1549】チューリヒ一致信条』(『第一スイス信条』、ツウィングリ派とカルバン派との一致信条)成る
1552】 イギリス、『一般祈祷書』制定
1553】 イギリスで「アウクスブルク信仰告白」を基準に『四十二か条信仰告白』成立
1555】 アウクスブルクの和議。カルバン、ジュネーブにおける地位確立
1559】 イギリス、「国王至上法」および「礼拝統一法」を制定、国教会(イングランド教会)制度確立する。フランス改革派第一回全国教会会議
1560】スコットランド信仰告白』議会で承認
1562】 ユグノー戦争(~1598)
1563】 イギリス国教会『三十九か条信仰告白』成立
1565】 オランダ、新教派「貴族同盟」を結成
1566】 オランダ、カルバン派民衆の聖像破壊
1568】 オランダ独立戦争(~1648)
1572】 サン・バルテルミーの虐殺起こる
1573】 南フランスのミヨーで、改革派が政治会議を開催。ユグノー派は国王政府から独立した政治組織を結成
1576】 フランス、過激派カトリック「旧教同盟」を結成
1579】 オランダ、カトリック派貴族「アラス同盟」を結成、これに対抗してユトレヒト同盟が成立
1593】 イギリス、「国教忌避者処罰法」制定
1598】 フランス、ナントの勅令。フランス改革派教会容認される
1618】 三十年戦争勃発(~1648)
1620】 ピューリタン会衆派、メイフラワー号で北米移住
1640】 イギリスでピューリタン革命開始